横浜音楽院 > 音楽教室 > より付加価値の高い音楽指導へ ― ism(1/4)

より付加価値の高い音楽指導へ ― ism(1/4)

ミュージックデータでレッスンをサポート

 いつものレッスンにミュージックデータをプラスすれば、練習がぐんと楽しくなり、上達もスピードアップ。楽しく、しかも効率よく。弾くことがもっと好きになります。ここではローランドが提案する、より付加価値の高い音楽指導を紹介します。

ミュージックデータって何?

ミュージックデータは、音の「高さ」「長さ」「強さ」などの演奏情報が入ったフロッピーディスク。これをミュージック・プレーヤーのディスクドライブに差し込むと、その情報のとおりに演奏されます。音そのものが録音されているCDなどのメディアとは違い、ミュートや移調、音色、テンポの変更も自由自在です。

ism(Intelligent System of Music)〈イズム〉とは…
ismとは、新しいテクノロジーをレッスンに導入し、より付加価値の高い音楽教育をめざす考え方です。
横浜音楽院ではあらゆる教育プログラムにismを活用し、新しい音楽教育の普及に役立てます。

●ismはあらゆる楽器に対応できます。 ●ismはあらゆる教育方法に対応できます。 ●ismはレッスンを今まで以上に楽しくします。

それでは、「ミュージックデータをプラス」すると、どんなピアノレッスンが実現するのでしょうか。次ページで見てみましょう。

| 1 / 4 | 次のページ
体験レッスンお申し込み
HOMEへ ページ上部へ